不倫・浮気の2chまとめ

友達♀「彼が浮気しているみたいなの」→証拠になる浮気相手からの頭の悪そうな手紙を見て爆笑→問いただすために彼に電話をすると「浮気相手が妊娠して、おろすのに10万貸してほしい」修羅場開幕!

0コメント
403.

10年ぐらい前の修羅場。

私子…私。当時学生。
友子…友達。同級生。
犬男…友達の彼氏。年齢は同じで社会人。
猿子…犬男の浮気相手。

ある日、友子から呼び出された。
事情は会って話したいから、すぐに来て欲しい、とのことだったのですぐに家に行った
話を聞けば犬男がどうも浮気をしているようだ、と。

事の発端は、友子が犬男の車のダッシュボードで見つけた
一枚の手紙。
猿子から犬男に宛てたものだった。
友子はその手紙をこっそり拝借したらしく、私子に見せてくれた。

私子「なにこれひどい」
友子「ひどいよね」
私子「……ひどいwwwwww」
友子「ひどいよねwwwwww」

何がひどいかって、すごく頭の悪そうな筆跡や犬男に対する愛のポエムもさることながら、宛名だった。
犬男はここで記されているように、犬っぽい。
しかも小型犬の可愛い感じの犬。

404.

Dear パピ(パピヨンの略。ここでは仮に)
みたいな感じで書かれてた。しかもパピの【゜】←これがハート。
怒りとか悲しみとかの前に二人で爆笑してしまった。
ひとまず笑い飛ばしたあと、どうしてくれよう、という話に。

友子「パピ(犬男)に電話するわ」
私子「wwパピwwww余裕っすね、友子さん!www」

ここまで余裕の友子だったんだけど、犬男への電話が修羅場への幕開けとなろうとは。

私子は友子が電話するというので一旦コンビニへ出かけた。
15分ぐらい物色したあと、友子宅に戻ると、もう電話が終わっていて、友子の顔が真っ青だった。

私子「うわ!どうしたの、顔真っ青だよ?てか電話終わるの早くない?」
友子「……犬男の浮気相手…妊娠してるって…」
私子「はぁ?!」
友子「今電話で言われた。10万貸してくれ、って言われた」
私子「じゅーまん?!」
友子「なんか…堕ろすからお金くれって相手から言われたみたいで…」

言い終わらないうちに友子が過呼吸みたいな状態に。
マジびっくりした。
買ってきたお菓子とか全部ぶちまけてコンビニの袋を口にあてて一生懸命背中擦ってるうちに、怒りゲージがMAXに。

405.

友子のケータイ使って、犬男に電話。
犬男は私子のことがやや苦手(私子は口が悪いから、という理由)
友子だと思って電話に出た犬男がタジタジモードで応戦するも私子に対する苦手意識からか、あっさり猿子情報をゲロった。

一ヶ月前の合コンで知り合った女らしく、友子の存在を隠すことなく(!)
二股をかけていたらしい。

彼女がいるくせに合コンに行くのも犬男もアレだけど彼女がいると知って、付き合う猿子も意味がワカラン。
おまけに知り合って一ヶ月そこらの女が、そんな簡単に妊娠発覚するんかと。アホかと。

あらん限りの言葉で犬男を罵倒し、紆余曲折を経て犬男を使って猿子を呼び出すことに成功した。
だまし討ちは嫌だったので、犬男からきちんと状況を説明させ「○時に●●に来い」ということを伝えさせた。

待ち合わせ場所に私子の車で向かった。
ちょっと前まで「パピwww」とかって笑い飛ばしてた友子が助手席で泣いているのが可哀相だった。
最初のテンションは多分強がりだったんだろうと思う。

406.

待ち合わせ場所につくと、猿子らしき女がいた。そしてその友達も。
猿子はプリン頭で上下ジャージ、キ○ィちゃんの健康サンダルを履いていた。
なんとなくアダモちゃんぽいな、猿子…。

友子はその風貌を見て悲しみが怒りに変わっていたようで「何アレ超下品なんだけど…」を連呼していたのでちょっとウケた。

猿子が開口一番とんでもないことを口にした。
「アンタがパピの彼女ぉー?」
パピwwwwwwwwwwwww

私子「ねえ友子。犬男は何でこんな頭の弱そうな女と浮気したんだろうね」
友子「…もうやだ。パピとかないわ、マジで」
猿子「ちょっとアンタたち!あwせdrftgyふじこ」
私子「顔もないわ。アダモちゃんに激似だし」
猿子「アダモとか知らねーよ!あwせdrftgyふじこ」
友子「うん、ないわ。その服装もないわ」
私子「秋口にサンダルはないわ」

二人で猿子を直視したまま延々と猿子の外見の悪口を述べた。
我慢できなくなった猿子が友子の脚を蹴ったのを皮切りにキャットファイトが始まった。猿子軍対友子軍。

髪を掴まれるわ、顔を引っかかれるわで散々だった。
後日談だけど家に帰ると脚が痣だらけになってた。

407.

私子「お前お腹に子供がいるくせに暴れてんじゃねーよ!」
猿子「子供なんていねーよ!バーーーカ!!黙されてんじゃねーよ!」
友子「!!」
私子「お前マジで警察に突き出すぞ!」←適当
友子「そうだバカ!詐欺で捕まってしまえ!」←適当

てな具合に猿子の嘘もバレ、互いの体力が尽きかけ警察という単語にビビった猿子が逃走し、キャットファイトは幕を閉じた。
私子と友子もヘロヘロになりながら帰宅。

その後、私子は反対したけど猿男と友子は和解。
私子は正直、猿男と関わりあいになるのが嫌で、今までは三人で遊んだりもしていたけど、もう今後は会いたくないことを友子に伝えた。
友子は悲しそうな顔をしながらも了承してくれた。

と、思っていた一ヵ月後。
友子と遊ぶ約束をしていて、待ち合わせ場所に行くとなぜか猿男も同伴。

409.

てか犬男が猿男になってるよ!w

411.

あ!www間違えたww<犬男と猿男。
猿みたいに浮気してくれてたんでイメージ的には間違ってないけどw
しかも連投のせいか書き込めないんでケータイから。


犬男「おー!私子ひさしぶりー!」
私子「……友子、何で猿男が来てるの?」
友子「ごめん。そろそろいいかな、って…」
犬男「そうだよ、私子!もう過去のことじゃん♪」

その瞬間カチンと来てしまって、反射的に犬男の胸倉を掴んでしまった。
怯える犬男。慌てる友子。怒る私子。

私子「お前さ、過去のことじゃん♪とか、どの面下げて言ってんの?」
犬男「だってもう済んだことだろ?猿子とはあれ以来連絡とってないし、それにさ、妊娠だって嘘だったわけだし、それでいいじゃん!お金も取られなかったし、友子は許してくれたし、円満解決だよ!俺ももう二度としないって♪なっ!」

犬男が言い終えた瞬間、せいっ、と犬男を投げ飛ばした。
何ケロッとサクッと言ってくれてんだ。

友子は最初オロオロしてたけど、犬男の悪びれてない様子に目が覚めてくれたようで、その後別れを決意をしてくれました。

キャットファイトのときの痛さとか、悔しかったこと、悲しかったこと諸々思い出してくれたようで…まあ、よかったかな。

以上、友子の結婚が決まったので厄落としに。
おやすみなさい。

412.

ケータイから投下しようと思って文章作り直して最後にダメ元でPCから、と書き込みを押したら書き込めてしまったという\(^o^)/

最後、gdgdしてスンマセンでした。
支援ありがとう。
おやすみなさい。

416.

>>412

せいっがカッコよすぎww

423.

>>412
乙ですー
頭空っぽの男だな。
友子が目を覚ましてくれてよかったよかった。

419.

おつおつ。
アダモちゃんってあたりが時代を感じさせたw
今でも知ってる若い子がいるかもしれないけど。

出来ても居ない堕胎費用を取ろうとする女も、少なくはないみたいだ。
ちゃんと数ヶ月待ってから使用済み検査薬とか用意するのも居るようだから簡単に信じて金だしちゃいけないよ。

というと避妊もしないくせに俺の子じゃねぇと言い出すアホもいるから世の中ほんと大変だ。

コメント-0-

コメントする