不倫・浮気の2chまとめ

元婚約者のメールを私の携帯に転送するように設定→浮気子がクリスマスに「今日は楽しかったです」→私「女関係で信用できない」→元婚約者「信用できないなら結婚はできない」→携帯見たことに罪悪感があって言えず別れる

1コメント
297.

最近職場の子が彼女に浮気されたけど仲直りした、というのを聞いて浮気が原因で結婚がだめになった話を思い出したので投下。

私子:私。別れた当時23歳 九州出身 大学卒業後地元に戻り派遣の仕事
ナル男:元婚約者。当時30際 東北出身 塾講師 ナルシストっぽかった
出会った時はお互い関東に住んでいました。

浮気子:共通の友人。ナル男と同い年。彼氏有。浮気子の彼氏とも仲が良くてよく4人でダブルデートのようなこともしてた。
親友子:ナル男の一つ下で大学時代からの親友の女性。隣県に住んでいる。
教え子:ナル男の元教え子。当時高校生。

出会いは私子が20歳のころ、友達と行った居酒屋で元彼のいた隣のグループと意気投合したことから。
当時彼氏いない歴=年齢だった私子は、ナル男に押しに押されて出会って1週間で付き合うことに。
二人とも一人暮らしだったので付き合うやいなや半同棲のような形。
私子の卒業が近づくまでは喧嘩はするものの趣味があうのでそれなりに円満に付き合っていたように思っていました。
喧嘩の内容はだいたい、私子の束縛がきついといったようなこと。

浮気子とナル男が二人で、浮気子彼や私子に内緒で飲みに行くのが許せなかったのです。
なぜ内緒で行くのに気づいたかというと、ナル男の携帯をのぞいたため。
この頃から携帯をこっそり見るのが私子の癖になっていました。
ナル男の「浮気子とは友達で何ともない」という言い分で何度もはぐらかされました。(この時実際は浮気していたわけですが・・・)

298.

一度目の破局は私子の卒業数か月前。
卒論終了&早めの卒業祝い&ちょっと遅めの誕生日祝いで某ランドへ泊まりでデートに行くことになったのですが、そのデートの数週間前に親友子からナル男に数年ぶりに連絡があり、内容は「彼氏に振られて落ち込んでいる」といったもの。
当然心配したナル男はメールや電話で親友子の相談にのっていた。
私子はやきもきしつつも、親友なら心配なのは当たり前だし、と表面では平気な振りをしつつ携帯をのぞいたりしてました。
それで親友子からのメールにハートマークがついていたりナル男がまんざらじゃなさそうだったりしてるのを見て勝手にもやもや・・・
最低だったと今では思います。

デート当日、朝から携帯をいじってばかりのナル男にもやもや。
聞いてみると親友子とメールをしていてお土産何がいいかなどのやりとりをしていたよう。
前から私子をほったらかして親友子とハート付きのメールとかしたりわざわざ会いにいったりしてることにイライラしてたので、まさかお祝いのデート中にまで!?とさらにもやもや。
せめてデートは楽しもうとデート中は表に出さないようにし、帰ってからそれまでの不満をぶつけました。
友達が大事なのはわかる、でも私といる時はもっと私を大事にして。
というようなスイーツ(笑)理論をそれまでの浮気子とのこともからめながら話し、女友達との付き合いを少し考え直さなければ別れる、といったような風に私子の方から別れを切り出しました。
その時は別れたくないから考え直す、という返事を期待していたんだと思います。
けれどナル男が選んだのは私子と別れることでした。
このままじゃお互いダメになるよ、と言われました。

299.

別れてすぐは私子の方からよりを戻したがって連絡したり、失恋板にいりびたってみたりしている間にナル男の方は親友子を支えたい!俺がついてないと!と親友子を好きになって私子と連絡を絶ちました。
それでやっと私子がナル男のことなんか忘れよう!と思えるようになった卒業直前、ナル男から突然連絡が。
番号を消して覚えていなかったため電話をとってしまってうろたえました。

何かというと、卒業式の後もまだしばらく関東にいるなら浮気子達も一緒に卒業祝いに遊びに行かないか?と。
地元に帰るなら会えなくなるし、浮気子とその彼氏もお祝いしたいと言っているということで。
バカな私子は浮気子達にもお世話になったし、最後だし、ということで了承。
普通に食事でもして帰ればよかったのですが、ナル男の家で4人で飲むことになり、そのまま雑魚寝。
お酒に弱く真っ先に眠くなった私子はナル男の配慮で寝室で寝かされていたのですが、夜中にナル男が寝室へ入ってきました。
ナル男曰く酔っ払ったらエ◯くなる、とのことで。

セクハラされ、嫌がって出ていけばいいものをまだ好きな気持ちがあったので受け入れてしまい、セクロス突入。
しかもゴムなしで中に出され、何かあったら責任とるよ、とは言われましたがよりを戻したいわけではなさそう。
聞くと、親友子に告白したら相手にされなかったそう。
寂しかったため私子に声をかけたみたいでした。
連絡きた時点で浮かれた私子があほだったという。

翌日は引っ越しだったため朝になって慌ただしくさよならし、まさかの妊娠でもしてなければもう会うこともないんだろうと諦めてふっきる決意をしたのも束の間、ナル男からメールが。
昨夜は申し訳ない。何かあれば本当に責任をとるから言ってくれ。と。
無視していたら夜に電話がかかってきて、無事に着いたか、メールは本心だ、などと話し、たまに連絡をとることに。
しばらく適当にメールや電話でやりとりをしていたらある日、ナル男がよりをもどしたいと言ってきた。
結局寂しいからじゃないのか、親友子に相手にされないから誰かにかまってほしいだけじゃないのか、仮によりを戻したとして、親友子とはこれからどうするのか、遠距離で余計に無理なんじゃないのか、など不安なことを確かめ、結局私子も未練というか情もあったためOKして遠距離恋愛開始。

300.

2~3か月に一度私子が会いに行く形で、離れてる不安で喧嘩したりしながらも付き合いは続き、
遠距離はお互いにつらいので結婚を視野に入れた同棲の話もでていました。
一年程たったころ、ナル男が以前浮気子と浮気していたことが発覚。
それも一度や二度ではない上に、浮気した後も二人とも平然として私子、浮気子彼も含めた4人で遊びにいったりしてたとのこと。
大喧嘩になりましたが、浮気は過去のことでよりを戻してからはしていない、反省してるしもう二度としないと言うのでいくつかの条件をつけて許すことにしました。

その条件は・浮気した部屋から引っ越すこと・女友達との付き合い、特に飲み会は私子に報告してから行くことなど。
ここで私子の、携帯をのぞくという悪い癖が悪化。
ナル男にきたメールを私子の携帯に転送するように設定。
もちろんナル男には内緒。
浮気されたんだからこれぐらいしてもいいよね、と正当化。
本当にダメな女でした。

そして事件はクリスマスに起きた。
ナル男に女の子から、『今日は楽しかったです。先生はどうでしたか?映画も面白かったしイルミネーションもきれいだったしカラオケも楽しかった。また連れて行ってください。』という内容のメールがきていて私子に転送されてきた。
このメールの相手が教え子。
クリスマスはお互い一日しか休みがないから会えないし、ナル男は友達とも予定があわず一人で映画を見に行くと聞いていた。
がしかしナル男は内緒で教え子を誘ってデートもどきなことをしていたようで私子激怒。
さらに楽しげにメールのやりとりは続いていた。
何となく、教え子の方は淡い憧れの気持ちくらいはありそうに見えて余計にもやもやする私子。
夜になってナル男から電話がきたので、今日はどうしてた?映画楽しかった?と探りを入れた。
ナル男は平然と、楽しかったけど一人じゃ寂しかったなーと返事。

いつもは休日に一人で暇ならこっちの都合おかまいなしにメールしてくるナル男が今日はメールがなかったことに触れて、本当は誰かといたんじゃないの~?と言っても映画見てたからだよとかわされた。
それ以上問い詰めるとメールの転送がばれるかもしれないので何も言わなかったが、不信感が残った。
でもそのころにはお互い親と顔合わせをして婚約していたので深くは考えないようにしていた。

302.

支援感謝。

その年の末には私子は派遣の仕事をやめてナル男のいる関東へ引っ越すことになっていた。
本当は契約は3月までなのを、関東で暮らす時に新しく仕事をさがすなら3月までまっていたら探しにくくなるからという理由で12月までで仕事をやめて1月から就活なり、バイトをさがすなりすることにしていた。
職探しの関係上引っ越してすぐ籍を入れようと思っていた。
実際引っ越してみると、やはりナル男のクリスマスの行動や以前の浮気子との浮気が気になって私子はすぐに籍を入れるのが不安になっていた。

婚姻届に記入して、あとは出すだけになったときにどうしても気になってその不安をナル男にぶっちゃけてみることに。
「女関係で信用できない。浮気を許すといったときに出した条件もちょっとしかまもってくれてないように思える。親友子の近況を私子に話してくるが、なぜまた連絡をとっているのか。引っ越しもお金がないから後でといいながらお金をためる様子もないし、クリスマスももしかして本当は女の子とでかけていたんじゃないかと疑っている。このままだとあなたを信用できず家庭を築ける気がしない。」などと言い連ねる私子にナル男はまいってしまったようで、少し考えさせてくれ、婚姻届はしばらくださないでおこうとの返事。

そのまま数日冷戦が続き、ナル男がだした結論が別れること。
「信用できないなら結婚はできない。このままだとどちらかが我慢しないと生活ができない。それはお互いによくないし、なんか違う。不安にさせたのは悪かったけど、籍を入れてから言われたならまた違ったかもしれない。でも今なら×はつかないし後戻りできる。」ということで、またしても私子と別れたくないからなおすよ、と言われたかった私子の思惑は外れw
クリスマスの教え子とのお出かけは最後まで否定してました。
メールで知ってるとは私子も言えず、もやもやw

結局地元へ帰る引っ越し費用はナル男がだすということになり私子は地元へ戻り修羅場はおわり。
地元の友達からは慰謝料とってやれwと言われたがこんなんで慰謝料とれるのか、むしろ別れるのを言い出したのは私子だから私子が払わなきゃいけないんじゃ、と考え出したのもなかなかの修羅場。
慰謝料のことなんて当時はお互い考えてなかったけどどっちかが払うべきだったのか、いまだにわからない。

303.

なげーよ
もっとコンパクトに纏められんのか

304.

色々端折ったのにながくなってしまってすみません。
これは私子主観だからナル男が悪いみたいになるけど、ナル男からしたら束縛の激しいメンヘラ女と結婚しなくてすんだ話になるんじゃないかと今なら思う。

305.

なんで自分に「子」を付けるの?
「私」だけじゃ駄目なの?

306.

ナル男のナルシストエピソードはナシかw

307.

私子ははじめカプ板に書こうとしてた名残ですね

ナル男はエピソードというか、「俺なんもしなくてもかっこいいし」というタイプでした
長くなるので端折りました

308.

>>304
いやいやいや
確かに297本人もそんな男が好きだったってことがアレかもしれんが、明らかにナル男がダメな奴でしょ
浮気されてたら疑い深くなるのもある程度仕方ない
別れて正解だよ

309.

>>307
尊大な態度を「男らしい…かもポッ」と酔っ払う、マヌケな自分の性格は変えとけよw

310.

もう別れるのに教え子の話をしなかったってのは、まだ私子は未練あるんだね

前科もあるんだし、怪しかったから携帯見たんだけどって強くでても良かったのに

311.

> 別れて正解
これはそう思ってます。
別れた後連絡が来たこともありますがなんだこいつとしか思えなくなってましたw

> 尊大な態度を「男らしい…かもポッ」と酔っ払う
あー、そういうことだったのかもしれませんね
自覚がないのでまだ変わってなさそうですw
きをつけます

312.

私子:カプ板方言
カプ板に書けよ

314.

>>305
子を付けないと、報告者の性別が分からないだろ
もしかしたら男同士かもしれないし

315.

>>310
その時は未練たらたらで、携帯見たことに罪悪感があって言えませんでしたねー
携帯見ること自体は悪いことなので言って謝って、あらためて問い詰めてもよかったかもしれません

私子については、すみません。
なおすかカプ板に書けばよかったですね

327.

充実していて、幸せを感じられれば、それは良い人生だと思うよ。

コメント-1-

1. 774さん

1は遊ばれてたのに気付いてないな

コメントする