不倫・浮気の2chまとめ

彼氏「結婚直前なのに、二人の女を手玉にとる俺カッコイイ」→浮気相手が彼とラ◯ホでの、記念写真を送りつけてきて宣戦布告「ただ愛した人が、たまたま先に婚約していただけ」

1コメント
177.

数年前、入籍寸前で結納までいってて式の日取りまで決まってた彼に浮気された。
相手は私の後輩。

彼いわく浮気の原因は「マリッジブルー」「おまえが仕事仕事でかまってくれないから」だった。

寿退社の予定はなかったが部署の移動が決まっていて式の前(海外挙式の予定だった)に引き継ぎを済ませておかなくちゃならなかったから当時は残業と休日出勤の毎日で、あいた時間はプランナーさんとの打ち合わせや、彼の親との食事会で確かに二人きりの時間は激減してた。
でもまさか今このタイミングで浮気するか…とかなりヘコんだ。

179.

浮気がバレたのは、後輩(以下A子)が私に宣戦布告のメールをしてきたから。
メールの文面は

「先輩(←私のこと)へ。これがいけない愛だとはわかっています。でももう私たち、戻れません。何もなかった頃のあの頃の気持にも、あの頃の関係にも。略奪だなんて思わないでください…ただ愛した人が、たまたま先に婚約していただけ。私が先輩より先に彼と出会っていたなら、こんな残酷な運命は訪れなかったのに。クスン。今でも先輩のことは大好きです。だから先輩もこんな私を嫌わないで。後輩A子より」

こんな感じ。
なのに添付画像満載でA子の部屋で半裸でピースする彼とA子、彼が上半身裸で、毛布の中にもぐって何かしてるA子、ベロチューしてる二人、ラ◯ホテルらしい部屋でバ◯ブ片手に記念撮影する二人などなど…

最初のうち、怒りはぜんぜん湧いてこなくてただ悲しいだけだった。
両親は私の結婚を楽しみにしてるし、同僚にも結婚のことは知らせてたし彼氏を問い詰めたらすべてがめちゃくちゃになってしまう気がして、誰にも言えなかった。

180.

その間にもA子からは何通もメールが来た。
一番こたえたのは、彼氏とA子のメールをそのまま転送してきたもの。

彼氏が私のことを「嫁にするにはいろいろ都合がいいけど(私が次女なことや、親が土地を所有していることや両親ともに公務員で年金が多いことなど)それだけの存在」「でもあいつの近眼とチビの遺伝子をウチに入れたくないなー」等々、悪口言いまくりだったこと。
私が彼を信頼して打ち明けた秘密や、その他もっと女として秘密にしておきたいことも全部A子につつぬけで、私はA子と彼氏の間で笑いものにされていた。

私はいっさいA子に返信しなかった。
かといって進行する式の段取りも止めなかった。
彼氏ともう結婚が無理なのはわかってたんだけど親を悲しませたくないとか、式場の違約金がどうとかそんなことばかり考えていた。

その間、彼氏とは彼の両親+私の両親セットのときのみ会っていて彼氏と二人きりで会うことはなかった。
彼氏が怖かったし、破談になるのもまだ怖かったんだと思う。

181.

籍入れる前に発覚して良かったな、支援

182.

なんだかんだで食べられない・眠れないの日々が過ぎて私の異変に周囲の人が気付きはじめた。
一人は妹で、一人は昔からの友達(以下B子)。

最初に妹に問い詰められて、最初はごまかしてたんだけどごまかしきれずに携帯ごと渡して「実はこういうことになってる」と打ち明けた。

9歳も下なのにやけにクールな妹は「最終的に選ぶのは姉だから姉の好きにしたらいいとは思うけど今のままじゃ「好きなよう」にもしようがないでしょ」「とりあえず式の計画はいったん止めろ。やるかやらないかの決断はあとでいいから、いったん止めろ」と言った。

その後プランナーさんに事情を話したところ、大慌てで保留の手続きをしてくれた。
一番信用できる友達B子にもついに話した。
B子は学生時代から彼氏の先輩数人とかなり親しく、そのつてで彼氏のことを探ってくれると言ってくれた。

183.

数日後B子から連絡が来て彼氏が風◯通いして、ク/ラ/ミ/ジ/アに感染したことを男同士で武勇伝のように語ってたことを知った。
A子のことも武勇伝扱いだったらしく「結婚直前なのに二人の女を手玉にとる俺カッコイイ」と自慢たらたらだったと…。
彼氏の自慢に引いてた先輩の一人が、B子経由で証拠メールをこっちに転送してくれることになった。

慌てて病院に駆け込んだ。
さいわい私は感染してなかった。
でもそれまで毎晩泣いてたのが嘘みたいに、ぴたっと涙が止まった。
百年の恋も完全にさめる瞬間だったんだと思う。
未練のかけらもなくなった。

185.

検査結果が出た翌日、両親にすべてを打ち明けた。
携帯に溜まってたメールも画像もぜんぜん消してなかったから、それも見せた。
もちろん両親激怒。

ちなみに仲人さんは双方両親の知り合いの市会議員(草加にあらず)でその人が曲がったことが大嫌いで、社会正義に燃えて議員になったタイプの人。
親からすぐ仲人さんに話が通って双方の両親、私と彼、仲人夫妻まじえての会議になった。

ところが彼氏、その場になんとA子を連れて来た。
しかも「俺はこの女(A子)にたぶらかされただけの被害者です。だから責めるならA子だけを責めてください」と主張。

186.

うへぁ、彼氏糞すぎるww
A子ざまぁw

187.

てっきり正式に私と別れ、彼両親に紹介してもらえると思ってやって来たA子は目が点に。
私ももちろん目が点に。
双方両親も、仲人さんたちも点目。
「これで俺は安全圏に入った」と思い込んでドヤ顔だった彼氏、自分の両親に怒鳴りつけられて「え?」「え?」と慌てだす。

こっちはもう呆れかえって、淡々とA子から届いたメールや画像をプリントアウトしたもの、およびB子経由で提供してもらった彼先輩からの証言を差し出し全員で回覧。

ク/ラ/ミ/ジ/アのくだりで彼の母親が泣きだし彼が私に「お母さん泣かせんじゃねえよ!!」と怒鳴り彼父が「泣かせてるのはお前だ馬鹿野郎!!」と殴られていた。

188.

仲人さんが静かに「うちにも娘がいるし、(私)ちゃんのことは子供の頃から知っている。その子が不幸になるとわかっていて、この結婚に手を貸すことはできない。わかりますね?」と彼両親に言った。
彼両親が泣きながらうなずき、うちの両親に深々と謝罪してくれた。

式の予定は式場の好意で保留にしてもらっているがキャンセル料がまったく発生しないわけではないので、彼家が全額負担。
結納は白紙。
プラス慰謝料を彼家が払うということでまとまった。

190.

そこで空気読まず「キャンセル料払うくらいなら、新婦だけA子に変えればいい」と主張しだす彼氏。

だがA子もこのやりとりで百年の恋から冷めていたらしく「誰があんたなんかと!!」と即座に却下していた。
でもあとでA子の親に連絡して、A子からも慰謝料もらったけど。
微々たる額ですが。

A子は私にわざわざ不利な材料を送りつけてたってことが最後まで理解できなかったらしく「あのときはあのときで、真実の愛だと思ってたんだからしょうがない」と主張していた。
ほんとおまえら、成人過ぎて親泣かすなよと…。

まあ私もある意味親を泣かせた立場だから人のことは言えないんだけど。

192.

先日、高校生になった妹が元彼と電車内でばったり出会い「(私)は元気?まだ一人寂しくいるんなら俺とまたやり直そうって伝えておいて。
ていうか妹ちゃんも大人になったね。
もう婆の(私)より妹ちゃんの方がいいかな、なんちゃってー☆」と声をかけてきたと知りムカつきつつ思い出したのでかきこ。

あいかわらクールな妹は元彼にしゃべるだけしゃべらせて携帯で録音し、手近な駅でおりてそこから両親に電話し、迎えに来てもらうのを待つ間、勤務中の私にも警告メールを送ってきてくれた。

明日にも妹の録音を元仲人の市議さんに聞いてもらい、彼両親に連絡してもらう予定です。

長々とすいませんでした。
最後に、なでしこJAPAN優勝おめでとう。

193.

彼両親がまともなだけに不憫だ……

195.

乙。
結婚前にわかって良かったね。

196.

うわぁぁああああああ久々に人間の屑を見た
どうしてそんなのにひっかかったのかマジで判らん
でも寸前で回避できて良かったね。
死ぬほど幸せになれる呪いをかけちゃるよ

コメント-1-

1. 774さん

子供産む前でよかったねー
結婚してたら慰謝料コースだったわけだけども

コメントする