不倫・浮気の2chまとめ

電気の消えた彼のアパートに突入→私「もし私のことを選んでくれるなら、このことを許してもいい」→彼「好奇心と出来心で中○生と援○交際をしてしまった」→私「生理的に受け付けないわw」

0コメント
446.

結婚を前提として3年以上付き合っていた彼(当時30歳)の行動がおかしくなった。
どうやら二股をかけているらしいと気がついた。
私は当時仕事が楽しかったので結婚を急いではいなかったけれど、私の方が彼より1歳年上ということで、今後の生活設計などのことで彼が重圧を感じているのもわかっていた。

疑心暗鬼でデートしていても苦しいだけなので、人間関係を整理してすっきりさせたいと思った私は、「この日が怪しい」と思った週末にわざと私に出張が入ったと告げしばらく会えないと彼に言って罠をはった。

私がいないはずの金曜日の夜、電気の消えた彼のアパートに突入することに。
彼のアパートを訪れ合い鍵でそーっと入ると、玄関先に女性ものの可愛いスニーカーが並べて置いてある。
「やっぱり、浮気してたんだ」と、私は妙に冷静になった。

私はやっぱり彼のことは好きだから、もし私のことを選んでくれるなら、この晩のことをゆるしてもいい。
私より他の女性が好きだというのなら、身を引いてすっきりしよう。
頭の中でいろんな場面を想定し、自分の思いを整理した。
なるべくなら憎み合わずにきれいに済ませたいと思った。

447.

心を落ち着けて、寝室に入ったら、彼のベットの回りには、セーラー服が脱ぎ散らかされていた。
中学生としか思えないお嬢さんが、白い靴下だけ履いた姿で白目を剥いてマグロになっていた。

好奇心と出来心で中学生と援/助/交/際をしてしまった、ゆるして欲しいと彼は半泣きで謝った。
中学生のお嬢さんは、お小遣いもほしかったし、行為に興味があったので、彼が好みのタイプだからセッ◯スをしたと悪びれずに答えた。

自分の愛していたはずの男が未成年者を買/春している人間だと知ると、急に薄汚く思えて吐き気がしてしまった。
許すも許さないもなく、生理的に受け付けなかった。
私は彼の言い訳を聞きながら、一言も発さずに彼の部屋にある私の私物をまとめた。
彼の家の合い鍵をテーブルに置いて部屋を出た。
追いすがる彼に「キモイ」と一言だけ言い放って逃げた。

最後くらいいい女でいたい、大人の女でいたいと思ったのに、きれいな別れなんか超無理だった。

448.

>>446
乙…
大変だったな。

449.

>>447
IDは…よし
お疲れでした
そりゃ怒りよりも冷めるわな
あんたに幸あれ

452.

>>447
お疲れさま‥

彼氏が援/助/交/際はきついな。。

結婚前にわかってよかったね。

453.

犯罪者じゃん
逃げて正解!

コメント-0-

コメントする