不倫・浮気の2chまとめ

ボランティア団体に洗脳されてしまった彼「Aさんはスゴイ。それに比べておまえはダメだ」→洗脳されたあげくに、既婚のボランティア職員と不倫してた彼→人生狂われたので、復讐を決意した!

0コメント
254.

私…女。当時大学生
彼…当時大学生。一つ上
Aさん…女。某福祉施設の職員。既婚

私と彼はある団体経由で、ボランティア活動をしている折に知り合いました。
彼は真面目で正義感が強く、ボランティアグループでもリーダー格。
汚れ仕事も率先してやるし子ども好きだし、ちょっと思いこみの強いタイプだけどそこも男らしく見え私から告白して付き合いました。
ちなみにお互い、初の彼氏彼女でした。

であいがそんなだし、彼のキャラクターも上記の通りなので毎週末のデートは月2回が施設活動でした。
その頃は施設の子どもたちとお芋掘りしたり、介護施設の補助をしたりと、交流メインの楽しいものが多かったです。

255.

初めてのクリスマスは二人きりで過ごせたし、お互いお金ないながらもプレゼントしあったりして楽しかった。
でも年明けして一か月経ったあたりから彼氏の様子がおかしくなってきました。

まず授業にあまり出なくなった。
電話してもつながらないことが多くなり、メールの返事も遅れがち。
同じくボランティアで知り合った他の学生とも連絡を取り合わなくなり、疎遠になっていたようです。

ある日彼からメールがあり「水曜日(祝日ではない)に某県である団体のサミットがあるから参加しろ」とのこと。

256.

でも私はその日大事な授業があったから「ごめん、行けない」と返し「最近授業ぜんぜん出てないよね、出席足りてるの?」とつけくわえた。
メールを送った直後、彼から電話が。

「出席とか単位とか、おまえの言うことは小さすぎる」
「あたたかい部屋でぬくぬくと惰眠を貪って恥ずかしくないのか」
「飢えた経験もなく高みから見下ろした態度のおまえを俺は軽蔑する」
とえんえん2時間くらい怒鳴られました。

最初は「でもボランティアって自分のできる範囲でやるものでしょ」
「留年はだめだよ。親に授業料払ってもらってるのに」
とちょこちょこ反論しったんだけど、彼の勢いに押されてだんだん自分が悪いような気がしてきてしまった。
そして最後にはそのサミットに参加させられる約束をしてしまいました。

259.

そのサミットで出会ったのがAさん。
たぶん30後半くらい。キリっとしたショートカット。
旦那さんも子どももいるらしいんだけど、休日返上で施設の仕事をしてるそうで彼はそんなAさんに心酔してるっぽかった。

サミットのあと慰労会という名の飲み会があったんだけど彼はAさんのそばにつきっきり。
彼女の手元をずっとおしぼりで拭いて、キラキラ目で彼女を見上げてた。
帰り道も「Aさんはスゴイ。それに比べておまえはダメだ。覚悟が足りない」と説教。

私も若かったし、バカだった。
Aさんに対する変な対抗心で、その後は彼に言われるがままきつい活動にも参加し、授業さぼって駆けずりまわり、なけなしのお金を寄付した。
その頃は親しかったグループとも完全に疎遠になってた。
彼の「おまえらみたいな甘ちゃんと俺は違う」「俺みたいになりたかったからリアルの生活なんか捨てて活動に励め」という態度がもとで、みんなどんどん離れていってたみたい。

気づけば私だけがずるずると彼に付き合っていました。
彼がAさんと浮気してることも気づいてたけど何も言えなかった。
彼の言うとおり、Aさんは私の何万倍も上等な女性なんだと思ってたし。

260.

でもある日、お風呂あがりにふっと顔を鏡で見て気付いた。
リンスもトリートメントも彼に「贅沢だ、そのぶん寄付しろ」って言われて髪バサバサ。
もちろんお化粧もしてないどころかリップも買えなくて唇はけばだってる。肌は乾燥して粉ふいてる。
ああこりゃ女として魅力ゼロだ、そりゃ彼もAさんを好きになるよねーとそこまで考えて気付いた。

Aさん、つねに化粧バッチリ。
ショートカットも、ちょっとでも伸びたとこなんて見たことない。
服はジャージだけど、いつも高そうなブランドバッグ持ってる。
爪もきれい。

彼氏は休日返上で活動に尽くすAさんは天女だ天使だ!って扱いだけどそういや彼女、ボランティアでもなんでもない。そこの社団法人の職員。
お給料ももらってるし、休日出勤すれば手当が出る。
福利厚生も完備。
ただの学生で、無給でやってる私がAさんと同じにできなくてあたりまえだと、はじめて気付いた。
私バカすぎる。

262.

そこから急に目が覚めて、彼氏の説教もハイハイで聞き流して授業を犠牲にしてまで彼に付き合ったりするのはやめました。
週末はかわらず活動に参加してたけど、片手間に彼とAさんの浮気の情報収集もやった。
二人とも私をバカにしきって目の前でいちゃいちゃしてたから証拠集めは簡単でした。

証拠がある程度集まったところで、施設で一番おしゃべりなBさんとAさん旦那の親戚のCさん(この人のコネでAさんが入社できたらしいと、本当か知らないけどBさんから聞いた)に
「心苦しくてもう秘密を抱えていられない」と彼とAさんのことを相談。

Cさんはいたわってくれ「つらいだろうから、来週から来なくていい。まずきみは勉学優先で」と言い、あとは自分にまかせてと言ってくれました。

263.

その後、彼はしばらく大学に来ず、そのまま留年→自主退学したようです。
彼とAさんのことをばらしたのが私だってことは洩れなかったみたいで数回ロミオメールが来たのみでした。

Aさんは浮気だけでなく育児放棄もあったそうで(Bさんからの情報)
旦那さんがサービス業で土日休みでないのをいいことに、まだ赤ちゃんと言ってもいいくらいの子どもを親戚でもないよその家に押しつけて、毎週休日出勤していたそうで、旦那さんと姑舅さんが激怒して裁判にして離婚になったようです。
赤ちゃんを預けていた家とも、事情はわからないけどなにか裁判になったとか。

私はその後、無事卒業しました。
Cさんの紹介で隣県の別の施設に就職することが出来、無理ない範囲で仕事と福祉活動を両立できています。

終わりです。

265.

乙!
洗脳こわい

266.

目が覚めてよかった!
gj過ぎ。
乙!

272.

だね、寄付とかもそうだが、自分を犠牲にしてまですることじゃないのにね

例えば嗜好費とかを節約してその分を寄付するのはいいが、食費を切り詰めてまでやることじゃないわ

273.

ボランティア活動自体は悪いことじゃないけど、何事にも限度があるって話だよな。
身近な人間を蔑ろにしてまでボランティア活動に打ち込むってのは何か違うと思う。

コメント-0-

コメントする